CSR情報 CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

レポート作成プロセスについて

当社のCSRに対する基本的な考え方、またコーポレートレポートに記載する重要事項についての説明は、同レポートのP.2「編集方針」、P.12「CSRマネジメント」に記載しています。
ここではそれを補足する趣旨で、コーポレートレポート作成プロセスの概要に触れ、併せて当社のCSR情報開示への考え方を説明します。

マテリアルな項目の特定について

GRIスタンダードが示すマテリアルな項目につき、当社は次の手順で特定しました。

  1. ステークホルダーの評価および意思決定への影響が著しい項目について、各種ESG開示基準やESG評価機関の評価項目を参考に、また社外コンサルタントのアドバイスを得て絞り込みました。
  2. さらにその中から、当社の事業によって経済、環境、社会に及ぼす影響が著しいと判断されるものを採り上げ、特定しました。

「KOKUSAI ELECTRICグループ コーポレートレポート2021」作成プロセスの概要

コーポレートレポートの作成ステップ

コーポレートレポートは次のステップを経て作成しています。

  1. CSR部門が事務局となり、各部門から選出された執筆者と各担当項目の構成を検討の上、レポート全体の構成を企画。
  2. CSR部長および広報・IR本部長の指示により編集、制作。
  3. 校正段階で次の精査を実施
    1. 関係全部門の執筆担当者およびその所属長全員に校正データをフィードバックし、内容を確認。
    2. CSR部門が起案、各担当部門による社外発表としての適正性の審査、さらに環境担当部門、品質保証担当部門による製品説明に関する整合性を確認。
    3. 社長レビューを経て校了、上記審査を踏まえ、社長決裁。
    4. 和文版を発行し、インターネット掲載。
  4. 英文版への翻訳、制作と並行してGRI内容索引を作成、年内を目標にこれらを公表。
外部保証について

上記の通り、社内で定めた手続きに従い、各担当部門が明確な責任範囲で厳正に執筆、制作、確認に携わっていることで、非財務情報の開示全体にわたる外部保証は当面不要と考えています。

社外の評価について
  1. 大学、各種調査機関、研究機関、コンサルタントのアンケート、インタビュー等の調査には積極的に対応し、可能な限り意見交換をし、アドバイスを得てCSR施策の参考にしています。
  2. 2020年2月、環境省、及び一般財団法人地球・人間環境フォーラム主催の「環境コミュニケーション大賞」にて、「環境報告優秀賞」を受賞しました。