採用情報 RECRUITMENT

社員紹介 プロセス設計

技術を製品としてお客さまに提供し、
喜んでいただけることが魅力
人物写真
職種:プロセス設計
卒業専攻・学科:物質工学科
  • 入社のきっかけ

    大学では、燃料電池システムのシミュレータ開発をメーカーと共同で行っていました。シミュレーション結果はメーカーの製品開発にもフィードバックされるため責任は重大でしたが、製品開発に貢献することの喜びを感じました。また、メーカーのエンジニアの方々が自社製品に対して自信と誇りをもって研究をされている姿に大変感銘を受けました。この経験を通して、新製品開発に携わるようなエンジニアとして働きたいと決意しました。

    就職活動中に大学OBの方から当社を紹介していただき、最先端技術の1つとして進歩している半導体分野こそ、私の求めていた仕事内容であると感じました。半導体についての知識がなく、不安もありましたが、新たな分野に思い切って挑戦してみたいと思い、入社を決めました。

    現在の仕事内容

    半導体製造装置開発プロジェクトで、次世代アニール装置のプロセス設計を担当しています。国内だけでなく海外での半導体デバイスの量産装置開発にも携わり、新しいプロセス技術の確立をめざしています。

    プロセス設計は、ターゲットとする半導体デバイス工程における最適な処理条件を設計する仕事です。設計すべき項目は反応炉内の処理温度、処理時間、圧力、ガス流量など多岐にわたるため、評価目的を明確にした上で、詳細条件や評価スケジュールを作成します。

    その後、実際に装置で処理したウエハーを分析します。膜厚分析や異物検査を行うとともに、質量分析法、X線回折法などを用い、原子レベルでの分析も行っています。評価目的や膜種に応じた分析手法を選択することで、プロセス改善への有効なデータを得ることができます。

    分析結果は随時、メールやミーティングで他の設計者と共有します。目標としているプロセス性能の達成に向け、機能向上や材質変更などのハード面の改良が必要であれば、積極的に提案します。

    現在は社内業務だけでなく、お客さまの工場のラインでの装置セットアップも任されています。同じ部署や現地サポートメンバーと協力しつつ、現地での評価状況を素早くフィードバックできるように努めています。

    仕事の魅力

    一番の魅力は「技術を製品としてお客さまに提供し、喜んでいただけること」です。特に新規開発装置のように前例のない装置を完成させ、次世代デバイス工程に採用された時の喜びは大きいです。

    入社以来、新規開発案件に携わっていますが、仕様を満たすプロセスウィンドウが見つからず、行き詰まってしまう場面を幾度も経験してきました。その時は、課題を解決するために、想定される化学反応モデルを立案するようにしています。立案したモデルの妥当性を評価データで立証でき、課題解決に至った時の達成感は、プロセス設計者ならではの魅力だと感じます。

    そして、私たちの開発した半導体製造装置により生み出された半導体デバイスは、スマートフォンやパソコンなどに搭載され、IT技術の加速度的な進歩につながっています。グローバルな舞台で新たな価値を創造できる、大変やりがいのある仕事だと実感しています。

    成長を実感したこと

    危機感を持った時にこそ、自分の成長につながる経験ができたと感じます。特に、お客さまのラインでセットアップ中に異常なプロセス結果が出た場合、装置メーカーのエンジニアとして、見解や対応策を求められるため、大変プレッシャーを感じます。

    現在では、装置セットアップでの経験から、不測の事態への対応策を常に想定しながら作業する習慣がつきました。また、現場での装置状態の確認を最優先で行い、些細な変化でも迅速に察知し、対応できるように努めています。

    お客さまの元で、このように安全かつ順調に作業できるのも、サポートしてくれるチームメンバーや現地スタッフのお陰だと感じています。その方々のためにも成長しなければいけないという意識が、次なる成長への原動力になっています。

    海外研修について

    昨年、海外研修プログラムに参加し、アメリカのサンフランシスコで1ヵ月間ホームステイをしながら、現地の語学学校に通いました。半導体事業のほとんどのお客さまは、海外メーカーであることから、語学力や海外経験の必要性を感じ、志望しました。研修にあたり企業訪問をするという目標を立て、苦労しながらもアポイントを取り、いくつかのIT企業へ訪問することができました。語学力の無さを痛感する場面は多々ありましたが、英語を話すことへの抵抗感は払拭できたと感じます。また、異文化理解や行動力向上にもつながり、貴重な経験をさせていただいたと感じています。

    仕事後または休日の過ごし方

    現在は実家に住んでいるため、家族との会話や家の手伝いをして過ごすことが多いです。海外研修プログラムでホームステイをし、家族と過ごす時間を大切にすべきだという欧米の家族観を学んだことがきっかけです。若い世代にとって農作業などは敬遠しがちだと思いますが、祖父や父から学び、共に働くことは、今後の人生において有意義な経験であると感じます。

    また、最近では家族全員で外食や旅行をすることも多いです。家族との会話は、身近な世代間交流にもなりますし、世代間での考え方を共有して理解を深められるので、貴重な時間であると思います。

    趣味のゴルフでは、父とコースを回ることもあり、絆を深める良いきっかけとなっています。

    MESSAGE 就職活動をしている学生へのアドバイス
    • 人物写真
    • 就職活動は自己と向き合える貴重な経験です。客観的に自己分析できる能力は今後の仕事においても有益なものとなるはずです。

      そして、就職活動にあたりご家族や先生方をはじめ、周囲のサポートしてくれる方々への感謝の気持ちを忘れないでください。企業も1人の力だけでは成り立ちません。人と人のつながりを大切にできる人こそ、社会に求められる人財だと思います。

  • 一日のスケジュール
    1. 8:00 出社

      メールチェック、1日のスケジュールの確認

    2. 8:30 始業 設計業務

      現地担当者からの質問、依頼について対応

    3. 10:00 電話会議

      現地の進捗状況、フォローアップ事項の確認
      お客さまからのご要望事項についての対応策検討

    4. 11:00 プロセス設計業務

      プロセス評価条件および評価スケジュール作成
      担当装置で評価用サンプルを作成

    5. 12:15 昼食

      社員食堂で職場の同僚や同期と食事

    6. 13:00 昼礼

      課内で連絡事項・業務の進捗を確認

    7. 13:30 プロセス評価

      評価用サンプルの分析(膜厚測定、異物検査、膜質分析など)

    8. 15:00 データ整理・資料作成

      各種分析データの整理
      評価結果について報告資料を作成し、関係者へ連絡

    9. 16:45 業務整理

      明日以降のスケジュール確認、関連部署への連絡

    10. 17:00 退社
ENTRY
※当社の新卒採用マイページへ移動します。